ロックギター ★ 弾いてみた!

往年のロックの名曲をギターで弾きたい!60年代後半~80年代前半のロック黄金時代の名曲を中心にカバーしています。玉置功一 (Kouichi Tamaki) http://tamarock70s.jimdo.com/

大事MANブラザーズバンド『それが大事』を弾いてみました。。

それが大事/大事MANブラザーズバンド(1991 / 8)

f:id:tama1960:20210801171457j:plain

1991年のヒット曲、大事MANブラザーズバンド『それが大事』を弾いてみました。究極のポジティブソング。曲構成は至ってシンプル。通常、この手のサビを延々と繰り返す曲ではブレイク後に転調するのが王道だが、この曲は転調もせずにひたすら突き進む。

youtu.be

Aメロ&サビは下降フレーズの単音バッキング。Bメロはクリーンサウンドサウンドの使い分けとイントロのツインリードおよび曲中の短いソロフレーズで単調な曲にメリハリを付けている。

 

ドゥービー・ブラザーズ『ロング・トレイン・ランニン』を弾いてみました。。

Long Train Runnin' / The Doobie Brothers (1973 / 3)

f:id:tama1960:20210731164127j:plain

1973年のヒット曲、ドゥービー・ブラザーズ『ロング・トレイン・ランニン』を弾いてみました。

youtu.be

正にウエストコースト・サウンドそのものの軽快なコードカッティングが印象的な楽曲。全編バレーコードでの16ビートカッティングなのでなかなか指が辛い。。

 

広末涼子『MajiでKoiする5秒前』のベースを弾いてみました。。

MajiでKoiする5秒前広末涼子(1997 / 6)

f:id:tama1960:20210725142724j:plain

1997年のヒット曲、広末涼子MajiでKoiする5秒前』のベースを弾いてみました。作詞・作曲・プロデュースは竹内まりやモータウンリズムのノリのいい楽曲。

youtu.be

これ系のリズムの曲の中では途中で転調もあり凝った構成で耳コピー難易度はやや高い。

 

浜田省吾『路地裏の少年』を弾いてみました。。

路地裏の少年/浜田省吾(1976 / 4)

f:id:tama1960:20210717204347j:plain

1976年のヒット曲、浜田省吾のデビューシングル『路地裏の少年』を弾いてみました。80年代にも再ヒットした息の長い代表曲。

youtu.be

カポは3フレット。イントロのコードパターンがサビのバックでもリフの様に使われているのがいかにもロックっぽい!

 

荻野目洋子『ダンシング・ヒーロー』を弾いてみました。。

ダンシング・ヒーロー/荻野目洋子(1985 / 11)

f:id:tama1960:20210711115107j:plain

1985年のヒット曲、荻野目洋子『ダンシング・ヒーロー』を弾いてみました。原曲はアンジー・ゴールドの『Eat You Up(英語版)』。イケイケ感全開の80年代王道のディスコ・サウンド

youtu.be

原曲ではギターはイントロと間奏の短いソロフレーズぐらいしか目立たないので適当にアレンジしました。。

 

山本リンダ『どうにもとまらない』を弾いてみました。。

どうにもとまらない /山本リンダ(1972 / 6)

f:id:tama1960:20210710170245j:plain

1972年のヒット曲、山本リンダ『どうにもとまらない』のベースを弾いてみました。カーニバル風のノリのいい楽曲。作曲は都倉俊一。

youtu.be

ルート音が主体のベースラインは難しくはない。ノリ重視で特にサビは勢いラフに弾く感じ。

 

ドゥービー・ブラザーズ『リッスン・トゥー・ザ・ミュージック』を弾いてみました。。

Listen To The Music / The Doobie Brothers (1972 / 7)

f:id:tama1960:20210703163811j:plain

1972年のヒット曲、ドゥービー・ブラザーズ『リッスン・トゥー・ザ・ミュージック』を弾いてみました。ウエストコースト・サウンドを代表する名曲。

youtu.be

カポは2フレット。小指で装飾音を入れるタイプの奏法。